ブランド品の売値は自分次第!

ブランド買取に妥協なし!

ブランド買取店選びの際は得意ブランドも要確認

まず、一言でブランド買取店と言っても、ブランド自体がたくさんあり、商品もバッグや時計、洋服やアクセサリーなど、多種多様な商品があることから、ブランド買取店にもそれぞれ力を入れている、力を入れていない、といった得意不得意があることを知っておきましょう。

例えば、金やプラチナを高く買取してくれたからと言って、ブランド買取も高いとかバッグや財布を高く買取してくれたからと言って、洋服の買取も高い、というわけではないです。実は、お店それぞれにある商品に関しては販売力も流通もあり、高価買取をしているけれども、ある商品については販売力も弱いので、どんな綺麗な商品だとしても安価でしか買取をしていない、というのともよくあることなので、ご自身の売りたいブランド品に力を入れているお店なのかどうなのか、持ち込む前に必ず確認しておかなくてはいけません。

基本的には、お店の特徴をつかみ、主力商品の把握をしておくことが第一です。 どこのお店も最近ではホームページがありますので、事前に確認してみて、この商品はたくさんあるのにこの商品は全然ない、ということがあれば、それはお店の力を入れている商品、力を入れていない商品、ということがわかりますので、ご自身の持っている商品と比較することが容易になります。 何事もそうですが、必ず下調べというのは入念に行う必要があります。それは、いざ売却しようとした時にご自身が損をしないための防衛策だと思っていただけたらいいです。

またお店の販売形態や立地を知ることもブランド買取店に持ち込むにあたって必要なポイントです。 例えば、インターネットで商品を販売しているお店のは古い商品でも幅広く販売していますが、店舗のみであれば状態のいいものや売れ筋のものしか力を入れていない、ということがありますし、地方よりも都市部、郊外店よりも都市型店舗の方が基本的に買取価格は高めに設定されています。これは、競合店の多さに比例しているものです。

また、大型チェーン店だからといって買取価格が高いのか、というわけでもないです。地域密着型の方が一点一点の査定額が高くなることもありますので、やはり、ご自身でまずは査定に出してみることと、売却商品に見合った店舗をまずは見つけることが先決です。 せっかくの大切な品物をブランド買取に出すわけですから、できる限り複数店舗に問い合わせてみて、査定の比較をしてみるとお店選びで失敗することは少なくなります。

Copyright(C)2015 ブランド品の売値は自分次第! All Rights Reserved.